世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

ここぞって時に勝てるかどうか

人生には、ここぞっていう勝負時が必ずあると思っている。

必ずそういうときが訪れるって思っている。

 

それはもうすでに通り過ぎてしまっているかもしれない。

だけど、生きているうちは、ここぞって時が何度かやってくる。

だから、その勝負時は、これからまだまだ生きているうちはやってくる。

 

勝負時に勝てるかどうかだ。

 

「人生は9勝6敗でいい」

 

いま読んでいる本にこれが書かれていて、僕はこの考えをそのまま受け止めている。

 まさに、そうだろう、と。これは決して諦めではなく、それでいいのだ、と。

 

人生勝ちもあれば負けもある。

勝てる時もあれば、負ける時もある。

 

勝ち続けなくていいし、そもそも勝ち続けることは簡単なことじゃない。全勝なんて無理なことだ。

 

 

勝つことが一番大事で、とにかく何よりも勝つ方がいいのでは、と思うけど、負けることが大事な時だってあるのだ。

 

ここは負けておいていい。でも、ここは絶対に勝たないといけない。

そういうことが考えられる。

 

その勝負時の見極めは非常に難しいだろうと思う。

いま挑もうとしている勝負がここぞって時で勝つべき時なのか、ここは負けておいてもいいものなのか、それを判断するのは難しい。

 

たぶん、感覚としてなんとなくわかったり、わからなかったりするのだろうと思う。

後から、あれは勝負時だったなとか、あそこで負けても別によかったなとか思う、そういうことも考えられる。

 

または、あれは別に勝負時でもなかったのだな、と思うこともあるかもしれない。

 

 

とにかく、勝負どころの見極めは生きる上でかなり大事だと僕は思っている。

どこで勝って、どこで負けるか。

人生、全勝なんてわけにはいかないのだから、全部勝とうとしなくてもいい。だけど、勝ち越すことは大事かもしれない。

 

 

僕はいまある勝負に取り組もうとしている。いまがここぞっていう勝負時じゃないかと思っている。

ここは自分にとって勝負時だと思っている。負けるわけにはいかないと思っている。

 

ここぞって時に勝負するために、日々努力を続けなければいけないと思う。

勝つべき時に勝つために、日々がある。力を蓄えて、備えておかなければいけない。

 

勝負どきが来たのに、そこであえて負けているようではダメだ。あえて負けてもいい時に、あえて負けるのだ。

 

人生、勝ち負けなんかじゃないよ、というのはまず言えるのだが、これは決して自分以外の誰かとの勝負ではない。他人と比較して勝ったり負けたりではない。

 

自分との戦いだ。自分とその人以外の対象との勝負だ。

勝ったり負けたりしながらも、9勝6敗を目指して、優勝を目指す。

 

河合隼雄さんも『こころの処方箋』で

「100点以外はダメなときがある」「ここぞというところで100点をとらなければならないときがある」

と言っている。60点、80点でいい時もある。だけど、絶対100点が必要なときがある、と。

 

 

野球だって、相撲だって、全勝しなくても、優勝はできる。

 

絶対に落とせない試合、絶対に勝つべき試合があって、負けても仕方ない試合、あえて負けてもいい試合がある。

 

負けは次の勝ちにかなりつながってくる。あえて負けておいたその力を、今こそ、ここぞって時に出すのだ。そのために相当の準備と相当の努力。

 

 

ここぞって時に勝つために何ができるか。9勝6敗で勝ち越すために、ここぞって時に勝つために、今日も僕は精一杯生き抜く。