世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

あいさつを返すのではなくする

あいさつは返すものではなく、するものだ。

 

あいさつをする人でありたい。もちろん、あいさつをされたら返すことは、大事なのだが、あいさつを返す側ではなく、する側、あいさつをあたえる側でありたい。

 

 

僕は一人暮らしだから、朝起きておはようと直接いう人はいない。

また、朝起きたらおはようとラインをするような相手はいないし、また、おはようというラインがくるなんてことはない。

 

最近、あいさつをしていない。おはよう、こんにちは、こんばんはのあいさつを最近していないことに気づく。

 

人と接していないからだ。

 

人と接しないと、あいさつをしなくなる。ラインも友達がいないと、あいさつをすることもない。

 

言葉で発することもないし、文字で打つことや書くこともない。

 

あいさつは自分からするものだ、と教えられてきた。人に会った時にはまず自分からあいさつをしろと言われてきた。

 

だけど、人に会わないし、あいさつをするというタイミングがない。

 

 

明日会った人には、自分からあいさつをしようと思う。 気になるあの人に、おはようとラインでもしてみようかな。そんなの急に、気持ち悪いかな。