世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

終えられたら、もうそれで善し

 

「どういう日だったか?」という問いが、

もともと、ぼくにはないのかもしれない。

その日は、もう済んでしまったことなのだ。

一日に、いいもわるいもない。

終えられたら善しとするだけだよな。

 

これは糸井重里さんの言葉である。

 

「終わりよければすべてよし」なんて言葉があるけど、

「終わればすべてよし」とも言えるのだ。

 

1日が本当にはやく、どんどん過ぎ去っていく。終わっていく。

 

今日はダメな日だったなぁ。今日はいい1日だったなぁ。

 

そんなことを振り返りながら生きている。

 

今日は良い1日だったから、明日も良い1日であればいいなぁ。

今日はあまり良くない1日だったから、明日は良い1日であればいいなぁ。

 

今日によいもわるいもない。過ぎ去ったことにいちいち価値をつけなくて良い。

 

あぁ今日も1日が終わったと、息をはいて、自分をそっと認めてあげる。よく終わった。今日も1日を生きることができた。死なずに1日を終えることができた。

 

過ぎ去ったことは、終わったこと。

 

終われば、終えられたら、もうそれで良いのだ。