怒ると認めたことになる

自分に対する侮辱に怒ったらそれを認めたことになる。

 

だから、怒るな。

 

その侮辱が明らかに自分に向けられていようとも、である。

怒ることで、自分がまさにその通りであると言っているようなものだ。

 

バカにされているようでイラっとくることもあるだろう。

相手はそれを侮辱として言っていないかもしれない。あなたが侮辱だと受け止めているだけだったりする。

 

もちろん侮辱する方だってよくない。だが、そこでその侮辱に反応してしまうと、それを認めたことになるし、相手の思うツボだ。

 

怒ることは認めることである。

 

 

「お前うそついてるだろ?」

 

「は?そんなわけねぇだろ?なんで俺がうそつくんだよ、ふざけんなよ」

 

 

怒りをあらわにした途端に、少し強い口調になった途端に、それを認めてしまっていることになる。

 

 

図星。

 

 

人は自分のことを知ってほしいという感情とともに、知られたくないという感情も持っている。面白いものだ。

 

知られたくないことを相手に知られた時に、イラっとすることがある。

 

相手に付け込まれることを恐れているあまり、自分の存在が危ぶまれることを恐れる。

それが怒りにつながることもある。自分のことを見透かされると、怒りの感情が芽生えたりする。

 

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』でもそんなシーンがあったような気がする。

 

 

怒ったら、認めたことになる。

 

これは非常におもしろい。怒りが肯定をあらわす、というのは。

 

もちろん口では否定していても、だんだんその否定が強くなっていくと、ますます肯定のゲージが溜まっていく事になる。

 

 

とても興味深い。

 

 

怒るのもよくないけど、黙るのも同時によくなかったりする。

 

これだからほんとうに人間関係は難しいなと感じる。人との接し方は困難の連続だ。

 

黙ったら黙ったで、言葉を発さなかったら発さなかったで、それが本当だと相手に受け入れられてしまうのだ。

 

僕は以前、怒ってる?怒ってる?となんども聞かれて少し嫌になって黙っていたら、あぁ怒ってんだ、と言われたことがある。

 

そう、怒ってんだよ。なんで、無口で顔を少ししかめていたり、そっけない反応をしたりすると怒っていることになるんだろうな!

 

ごめん、僕が怒ってしまっている。

そう、やっぱり、怒ってる?と聞かれてそれにイラっとくるということは、やっぱり実際に怒っているのだ。

怒ってる?という言葉を認めてしまっているのだ。こりゃ良くない。

 

 

できるだけ怒らないでいることが、僕の生き方でもある。