秘密は繋がりにも凶器にもなる

僕には秘密がある。

 

あなたにも秘密があるだろうと思う。

 

誰だって秘密を抱えて生きているのだろう。

 

なんにも秘密がないというひとは、そうそういないだろうと思う。

 

秘密というのは、自分だけの秘密だけでなく、二人や三人、それ以上の人との秘密もありうる。

 

 

秘密はつながりになる。

 

じゃあ、自分だけの秘密をお互いにそれぞれ持っていたらそれで繋がれてるかっていうと、お互いの持つ秘密が違うのだから、繋がれることはないはずだ。

 

 

秘密はお互いに同じでないとつながることはできない。

 

 

 

二人だけの秘密ね♥️

なんて秘密をふたりで共有するとする。

 

そうするとなんか二人はすごく強く結び付いた感じがする。二人だけの情報を手にしている。二人以外誰も知っている人がいない情報があり、それを他の人には見せないように持ち歩いている。同じ情報の共有だ。

 

これはふたりのつながりを強くさせる。

 

二人だけの国で二人だけで暮らしている。

 

でも、その秘密がまわりの誰かに知られてしまったりすると、そのつながりは崩れてしまうかもしれない。

 

二人の国に侵入者が現れると、その国は崩壊の危機に瀕する。

 

二人だけが知っているその秘密の情報は二人だけのものではなくなってしまい、二人の繋がりは崩れる。

 

秘密は凶器となり、どちらかが狂気してしまうかもしれない。

 あなたが外に漏らしたんじゃないの??って具合に。相手を疑い始める。

 

信じる関係から一気に疑う関係へ。

 

秘密は嘘と言い換えることもできるかもしれない。嘘だって同じ嘘を持っていれば繋がることができる。その嘘が同じでなければ、嘘を履き違えていたりするとどこかで破綻するかもしれない。

 

秘密や嘘は深い繋がりをうむこともあるが、一方でひどく危険なものだったりもする。

 

できるだけ秘密と嘘とは無縁でいたいものだ、と言いたいけれど、そううまくもいかない。

 

僕たちは秘密を抱えているし、嘘だってつき続ける。その秘密や嘘が自分や他人を傷つけるとも知らずに。

 

自分だけが知っている情報は自分だけのものにしたいという気持ちと、誰かにこのことを伝えたいっていう気持ちを多くの人が持っているのが面白い。

 

 

秘密は内へ内へと深まっていくものであったり、外へ外へと広がっていくものであったりもする。

 

自分だけの秘密ってのがいちばん多いかもね。それは自分を強く守ってくれるものかもしれないけど、秘密がばれたら、やっぱり危険なことにもなりえないよね。危険の程度は様々だろうけどさ。