世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

スキのある人とスキのない人

f:id:blowwind:20190425223220p:plain

 

スキのある人とスキのない人がいる。

 

いや、スキを他人に見せる人と見せない人がいる、といったほうがいいかもしれない。

 

 

僕はスキのある人が好きだ。スキのある人とスキのない人がいたら、スキのある人の方が好き。そもそもスキのない人がいるのかどうか、僕にはどうも疑問ではあるが。

やっぱりスキを見せる人と見せない人がいるといったほうがいいかもしれない。

 

 

スキが好きというわけではない。スキのある人が好きだ。

 

それはなぜだろうか。

 

そもそもスキのある人ってどんな人だろう。僕は全ての人はスキのある人である、と思っている。

スキを人に見せるか見せないかは人によってであるが、誰しもスキを抱えていると思っている。少なくともみんな自分にはスキを見せているはずである。

 

スキのないように見える人も、どこかでスキを作りそれを見せている。スキを見せる自分がいて、スキを感じている自分がいたりする。

 

 

スキのある人とは、ちょっとした時に気持ちが緩んでいたり、油断していたりする人のことを言うのだろう。あまり警戒をしない人などもスキのある人に当てはまるだろう。

となると、そうでない人はスキのない人であると言えるだろう。

 

ちょっとした時に気持ちが緩むことのないひとはどんな人だろう。そんな人がいるのだろうか。僕にはあまり想像できない。

誰しもどこかにスキがある。

 

誰かが周りを気にせず気持ちを緩ませている時に、スキがあるなぁと感じたりする。

 

 

いつもいつも堅苦しくこわばっていたり、シャキッとしている人もいる。周りにスキを見せない人がいる。そういう人はスキがないように思える。

でも、そういう人だってどこかでスキを見せているはずなのだ。

 

その人の中で、スキを見せる人とスキを見せない人がいるはずだ。

スキを見せるときと、スキを見せないときがあるはずだ。

 

スキのある人は、スキのない時だってあり、スキのない人はスキのある時が多分、いや必ずある。

 

 

 僕はかなり人前でもスキを見せる人だと思う。スキのある人であり、どちらかというとスキのある時間が多い人であると思う。

 

よく人から言われることがある。

何考えてんの?とか、どこ見てんの?とか。会話に疲れたり、身体や心が疲労を感じてくると、どこか現実を離れていく。遠くを眺めたりする。

決して疲れていなくても、油断している時間や警戒していない時間、気持ちを緩める時間が多い。

 

僕はいつだって殺されうる存在だ。いつも油断しているから、いつどこで殺されるかわからない。

 

遠くを眺めたり、気持ちが緩んでいたり、それは相手にスキを見せている時間だ。スキは見せようとして見せているわけでは決してない。

 

ずっとスキがない生活、スキを見せないというのはなかなか難しいものだ。人前でスキを見せないという人もいるかもしれないが、僕は人前でも随分とスキを見せてしまう。

 

スキを見せることは決して悪いことではないと思う。むしろスキがないと相手に思われるのもどうなのだろう。

 

 

自分にスキがありありだから、スキのある人を好きになってしまうのだろうか。公共の場であくびとかしている人、ぼーっとどこかを眺めている人、そういう人結構好きなんですよね。自分もよくそういうことをするから。

 

 

みんなどこかしらにスキがあるけど、そのスキをできるだけ見せないように生きている。本当にすごいことだよなぁと思う。無理に生きているようにも思う。

 

 

スキはその人自身に大切なものであり、決してそのスキにつけこんだりしてはいけない。そうすることはよくないように思える。僕がスキにつけ込まれても嫌だからだ。

僕が嫌なことは人にもしないほうがいい。

 

でも、この論理は間違っている。ちょっと横道にそれよう。

 

「自分が嫌なことは他人にしない」と言うのは正しいようで正しくない。

 

よく小学校の頃に先生から言われたことがある。

「自分がされて嫌なことは他人にするな」と。

 

でも、その記述だと、「自分がされて良かったら、それを他人にしても良い」と言うことになってしまう。自分の価値基準を無理やり相手に押し付けている。

 

だから、「相手が嫌なことは絶対にするな」というのが正しいと思う。嫌と言われたらすぐにやめる。自分が良いから相手も良いなんてことは絶対にない。

逆に、自分も嫌だから相手も嫌いなんてことも絶対にない。

 

この辺の考えは深爪さんの本に書いてあったことだ。

 

深爪流 役に立ちそうで立たない少し役に立つ話

深爪流 役に立ちそうで立たない少し役に立つ話

 

 

 

 

話を元に戻そう。 

スキのある人が好きというのは、その人につけこめるからとかでは決してない。スキのある人はモテるとか言うが、それは相手からつけ込まれやすいからだろうか。

 

スキのある人が好きというのは、スキを相手に見せることができているという点でなんか良いよなぁと思うのだ。

 

スキを利用して相手につけいることをされたくないし、僕もそれをしないようにする。

 

 

でも、スポーツは相手のスキをつくようなものであったりするから、それはまた別の話だったりするのかもしれないが。

 

スキのある人は僕の前で思いっきりスキを見せて欲しいし、僕もスキを結構見せるけど、それはごめんね。

 

 

 

ちなみに、最初の画像にある映画『好きっていいなよ』は観たことない映画だ。どんな映画なのだろう。好きっていうのかな?たぶん言うんだろうな。それを確かめようとは思わないが。