世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

ラ・ラ・ランド見て泣かないやつは恋愛経験ないだと?と言ってる奴は大体そうじゃない側

カップルに挟まれて、ラ・ラ・ランドを映画館で観てきた。なかなか修羅場である。

 

この映画カップルで観るものか?と何度か観たことのある僕は思うわけであるが、始まる前からいろいろ話して盛り上がっている。これずっと観たかったんだよね、とか。

 

そんなことをよそ目に、僕はツイッターを眺めている。僕はひとりだ。

 

ポップコーンの音が気になる。左隣のカップルは口を開けてポップコーンを食べているようだ。始まってからもそれは変わらなかった。

 

爆音上映ということで、非常に音質がいい。全ての音が心地よく聞こえる。人の声も音楽も。クラクションや警報音はちょっとうるさく感じたけど。

 

やっぱりこの映画は最初が一番興奮して、最初で感情の高ぶりを最大限のとこまで引き上げてくれる。

高速道路で渋滞中、音楽に合わせて踊る。身体が少しノってくる。僕はこのノリに混じって一緒に踊りたいというわけではないけど、こうやって映画館で眺めているのがいい。

 

展開がわかっているぶん、楽しみは減るかっていうと、そんなことはほとんどない。十分楽しめる。

 

終盤の回想シーンに入って、左隣から鼻水のすする音が結構聞こえてきた。なんだ、泣いてるじゃないか。ポップコーン女性の隣で彼氏と思われる人が泣いてるじゃないか。

 

いいぞ、もっと泣け。(なつぞらナレーション風)

 

 

正直なところ、僕はこの映画を観て泣くことはなかった。それは一番最初に見たときもそうだ。一番最初のシーンで感動して少しうるっとしたことはあったけれど、最後のシーンで涙を流すことはなかった。

 

 この映画みて泣かないやつは、恋愛経験がないとかそんなことはないよな?

女性の前で映画を観て涙を流すなんてカッコ悪いよな?

 

でも、俺は思った。俺はひとりだと。恋愛経験がない、と。涙を流せない人間である、と。

タイトルにもあるが、こういうことを言うのは、決まって弱者側だ。恋愛経験がない側だ。そうじゃない側はそうである側を否定しがちだ。

 

やる側はやらない側を、なんら否定することはできない。

 

 

愚痴や否定をするのはいつだって下の人間だ。

 

下の人間は上を見てぐちぐち愚痴を言うのはやめて、歯向かったりせず、ひたすら努力しようぜ。そうありたいものだ。

 

いやー、ラ・ラ・ランド最高でしたね