いいねを振り返る[2018前編]

2018年が終わろうとしている。

僕は去年からツイッターを始めた。

 

僕はこのブログでいいねを振り返るという記事を以前いくつか書いたことがある。

今年もいいねをたくさんしたので、今年のいいねを2018年中に振り返ることができればいいと思う。

 

知らないことは知らないといえるようになってきた。できないことはできないということも少しづつではあるが、できるようになってきた。

ただ、興味ないことについては興味ないと言えない。それについてはなかなか言えない。これは本当に難しいだろうと思う。

興味ないことを僕はとことん排除している気がする。自分の興味ないことに巻き込まれないように生きている。

 

一番伝えたい必要なことだけ最初に言っておくことはとても大切だ。なかなかそれはできていなかったりする。相手が聴いてくれるものだと、そう前もって決めてかかってはいけない。

糸井さんの言葉。社会でのあらゆるコミュニケーションはディスコミュニケーションが前提。

 

始めることのなんと難しいことか。ブログだって同じ。始めたから続いている。始めなければ続けられない。始めるって大変。

 

僕も惚れた。

 

 

夏に観るのがいちばんいいかもしれない。でも、映画に時期はそんなに関係がないと思う。いつ見てもいい。なんかしら刺さるものがあるのではないかと思うので、興味ある人には見て欲しいと思っている。

 

僕はこの言葉を身体で実感している。

「アウトプットしなければいけないという制約がインプットにつながる」

ブログというアウトプットの場を設けることで、それがインプットにつながっている。アウトプットの場がなければ、インプットは進まない。

 

めちゃくちゃ好きな記事。この記事のタイトルにある言葉、忘れたくない。

僕はよく断る。本を読みたいから、映画を見たいから、少し一人でゆっくりしたいからという理由で。 

 

こういうツイート、声をあげて笑います。

 

続けることをなんとなくやってるけど、この続けるがなんとかまた別のどこかに続いてくれと思っている。今のところそこまで反応があるとは言えないこのブログ。続けていれば何かが起こる、何かに結ばれると信じて今日も明日も書いていく。 

 

 

 

後編へ続く。