世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

世の中にはいろいろの悪があるが、 最大の悪は可能性を奪うことである

家に転がっていた、いつ買ったかよくわからない本をなんとなく読んだ。最初の方を読んだだけで、まだ途中である。

『自己変革の心理学』という本だ。

その本にこんなことが書いてあった。

 

「どうせ」思考は未来への可能性を奪う。

僕も使ってしまうことがある「どうせ」。

世の中にはいろいろの悪があるが、 最大の悪は可能性を奪うことである

これは哲学者エーリヒ・フロムの言葉だ。引用されていた。

 

「どうせ自分なんてできやしないよ」

「どうせあの人のことだからな」

 

自分で自分の可能性を打ち消したり、自分で他人の可能性を奪ったりしてはならない。そうあってはいけない。そんなことを考えている。それは悪である、と。

 

無意識にやってしまっている自分を恥じた。