世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観て

ガツンときてじわっーとしみていく。特に最後のライブシーン、ガツンと響くものがあった。そして、今じわっーと身体にしみている。

今まで観てきた映画のライブシーンのなかで、一番だった。とんでもなく良かった。

鳥肌がたって鳥になりそうだった。

 

今はSpotifyでボヘミアン・ラプソディのサウンドトラックを聴いている。聴きながらこれを書いている。

 

僕はクイーンを知らなかった。映画のなかで、何度か聴いたことのある曲は流れてきたが、ほとんど知らない。クイーンについても曲についても。

僕はこの映画でクイーンについて、フレディマーキュリーという人物について、少し知ることができた。Wikipediaを読みながら、映画のシーンを思い出したりしている。

 

「幸せは金で買えないが、与えることはできる」

みたいな言葉を覚えている。この映画は、クイーンは、フレディ・マーキュリーは僕に少し幸せを与えてくれた。今も幸せに浸っている。

僕も何か人に幸せを与えられたらなんて考えている。何かを通じて人のために、人を幸せにする。それは多分僕にとっての幸せでもある。

 

クイーンの道のり、フレディの人生に少しでも触れることで、その音楽は生きもののようにリアルになってくる。その音楽をとても近くに感じることができる。

その人の人生に触れることは音楽を近づけてくれる。

 

自伝的な伝記的な映画も案外面白いということを知った。ほとんど知らない人物のことを映画を通して知る。

この映画を通してクイーンについてその音楽についてもっと知ろうと思った。