世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

ネイビーブルーを手に取り無難を求めちまう僕

つい先日、ユニクロに行って服を買った。冬服なるものを。

僕は正直ファッションというものにそこまで興味がない。だから、服もそんなに頻繁に買ったりしない。家にそれほど服もない。

1週間の中で同じ服を着ることが結構ある。バリエーションは少ない。

 

そして、僕が持っている服はとにかくネイビー、黒が多い。今回買ったものも、ネイビーのスウェットとパーカー。僕の私服はほとんど上がネイビー、下がジーパンで成り立っている。そう思う。でも、そんなこと僕ぐらいしか知らないのだ。他の人はそんなに僕のことを見ていない。

 

僕は他の人の目を気にしているのだろうか。なるべく派手でないものを手にとっている気がする。無難すぎる。無難に走る自分がいる。

 

あと、僕はよくスウェットやパーカーを着ていることが多い。シャツもたまに着るけど、それよりはスェットやパーカーの方が多い。

理由はゆったりできるからだと思う。バイトの時はスーツできっちり、私服の時はパーカーなどでゆったり。それがあっているのだと思う。

 

以前授業の時に、「お前寝起きのまま来たのか」と言われたことがある。それは流石にない。でも、私服で寝ることはできるし、寝てしまう時もある。

 

オシャレに興味がほとんどない僕は今日もネイビーのスウェットに紺のジーパン、靴もネイビー。ネイビーづくしだ。

明日もそんな調子だと思う。僕は他人からどう見られているか、気にしているような気もするし、そこまで気にしていない気もする。