世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

Amazonプライムビデオ〜ツタヤとゲオと、時々、シアター〜

タイトルを見て、なんの並びだこれは、と思っているかもしれない、僕も正直なんだよこのタイトル、と思っている。

東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜』という本があり、映画にもなっている。僕はタイトルだけ知ってはいるが、本を読んだことも、映画を観たこともない。

このタイトルをいつかもじってやろうと思っていて、それをやってみたのだが、うまくいかなかった。

 

タイトルに書かれているのは僕が映画を観ようと思って行く場所といっていい。僕は大体こんなところへ行って(もちろん一つは行く場所とは言えないようなものも入っているが)映画を観ている。

 

どれが一番多いかというと、Amazonプライムビデオかツタヤが多いと思う。最近はあまり映画を観れていない、借りに行くことができていないのだが。一番はシアターで映画を観たいのだが、そこまで足を運ぶことはできない。やはりお金の面を考えるとなると、無料で観れるものがあるAmazonプライムビデオやツタヤになってしまう。

 

 

僕はこれからも映画を観ていきたい。観ていくだろう。まだまだ観たい作品がたくさんある。Filmarksというものを使って映画を管理したり評価したりしている。エクセルでは観たものを残すだけになっているが、Filmarksではこれから観たいものをClipしておけるので、これから観たいものがどんどん溜まっていっている。

 

先月は3本しか映画を観れなかった。本当はもっと観たかった。

今月は今の所『女神の見えざる手』をいう映画を観た。この映画はとても良かった。最初からかなり置いていかれている感じがしたが、そのテンポは軽快だし、それはそれで楽しめる。最後の結末や追い詰められて行く様子がかなりいいし、しびれる。エスコートサービスなるものを初めて知った。

 

今月は借りてきている『羊の木』と『グレイテスト・ショーマン』をもう一度観る予定だ。楽しみにしている。

 

僕はFilmarksというアプリでベストムービーということで、1位から10位まで載せているわけだが、それをここにも載せておきたい。現段階でのトップテンということか。

 

  1. カメラを止めるな!
  2. マッドマックス 怒りのデス・ロード
  3. 学校Ⅱ
  4. 桐島、部活やめるってよ
  5. 万引き家族
  6. パルプ・フィクション
  7. 運命じゃない人
  8. ホテル・ルワンダ
  9. メリーに首ったけ
  10. コーチ・カーター

 

かなり悩みに悩んで外した作品もあるが、とりあえずこれがベストかと。また今後見た作品によってこのランキングは変わっていくだろう。

 

以上、今日は映画について書いた。