世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

俺は何を見せられてるんだろう、そして俺は何を見てんだろう

昨日、『恋にいたる病』という映画を観てて、あぁ俺は何を見せられてるんだろう?と感じた。

 

俺は何を見せられているんだ

 

この映画は男女が入れ替わってしまうという、何かどこかで見たような映画を思い出させるものなのだが、とにかく何か気持ち悪いのだ。何か気持ち悪い。男女が入れ替わるから気持ち悪いとかではなく、テンポが悪いとかストーリーに盛り上がりがないというか。

そういうときに、俺は何を見せられてるんだろう、と感じた。

 

他にも、映画やドラマとかでひどい暴力シーンとかあったりすると、なんで俺はこんな暴力シーンを見せられてるんだろう、とか感じてしまう。

 

でも、そういう時って自分がそれを見ているのだ。俺は何を見せられてるんだろとかよりも、俺は何を見てんだろという疑問のはずだ。見せられているのではなく、見ているのはお前だ。お前が見てんじゃねーか。

 

映画を見ようと決めたのは自分であったし、自分がその映画を見ているのだ。

 

これからも映画を見たり、テレビを見たりすることがある。その時にも感じることがあるだろう。俺は何を見させられているんだという感情。でも、そういう時、見させられているというよりも、見ているんだろう。

じゃあ見るのをやめるかというとそうはならずに、そういう映画はなぜか最後まで見たくなるんだよね。

 

ちょっと自分が何を言っているのかわからなくなってきた。