世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

同じ中日ファン

headlines.yahoo.co.jp

このニュースを見たとき、読んだとき、本当に悲しいなぁと思った。

なんでこんなことを言えるのだろう、と思った。

 

僕も中日ファンでこの野次を飛ばした人も中日ファンだ。同じ中日ファンだ。中日ファン中日ファンとして括られてしまうんことが多分ある。中日ファンとして一括りにされることはできるけれど、こういうときは、この人だけを排除して考えたいという気持ち。

中学生の時に先生から言われた言葉を思い出す。もし、あなたが学校の外で何か問題でも起こしたら、それはこの学校の生徒がやったこととして、学校全体に、また他の生徒にも迷惑がかかるんですからね、注意しなさいよ、みたいなことを。

同じ学校の生徒というだけで、自分は何も悪くないのに、そういう目で見られてしまうということがあるのだろうな、自分だけが悪くても、それは他の人にも迷惑がかかってしまうのだな、とあの当時の僕は感じとっていた。

 

同じ中日ファンとして情けないよなぁ、とこのニュースを見て感じていた。

でも、この人を排除する考え方って、この人に向かって中日ファンを辞めろ、みたいに言うことって、よくないよなぁとも感じているのだ。中日ファンというくくりから、この人を排除して考えようとすること。それはどうなのだろうか、と疑問に思った。確かにそう思いたいのはわかるけれどもね、という感じ。

敵に向かって暴言を吐くこの中日ファン中日ファンからこの男性を追い出そうとしている僕(中日ファン)。

 

僕たちは同じ中日ファンであり、同じ野球ファンであり、同じ人間であるということを素直に受け止める。誰かを排除することで強くなっていく組織、関係というものを考えてみた。