世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

美女がいれば1日いや、一週間は機嫌がいい。

店に入った瞬間に、ハッとした。

 

はるやまにスーツを買いに行った。

たいてい、店内に入るとすぐに声をかけられる。

 

「いらっしゃいませ、何かお探しですか?もしよろしければ、お伺いしますが」

 

自分一人でゆっくり見たいんだ!みたいな人もいて、こういった声かけが苦手だと言う人もいるらしいが、僕はそこまでではない。

特にはるやまなんかだと、その道のプロに聞いた方がやっぱりいい。一緒に目当てのものを探してもらった方がいい。目当てのものがあって店に来てるときは聞いた方がいい。話しかけてもらった方がありがたい。

 

店内に入った時に、声をかけられた僕は、とてもびっくりした。まさにハッとしてしまった。

 

声をかけてくれた店員さんが、めちゃくちゃ可愛かったからだ。

めちゃくちゃ可愛かった。いや、可愛いではなく、美しいのほうかもしれない。

美しかった。綺麗。また美女の話をしてしまっている。

 

僕はその人を前にして、少し緊張していた。でも、その緊張が出ないように、必死に抑えながら、腹のなかに押し込みながら、声を出した。僕は案外うまいのだ。緊張を押し殺すのが。

 

「あ、あの、スーツを買いにきました、あまり高くないを、バイトで使うので、、」

 

みたいなことを言った。完全に出てる。声に出てる。声にあらわれてしまっている、緊張が。全然うまくない。押し殺せていない。

僕の最初の言葉は、「えー、」や「あ、」で始まる。

 

 

そんな僕に関係なく、その店員は「わかりました、こちらへどうぞ」と僕を誘導した。後ろを歩いていく時に、ほのかな香りが僕の前に現れた。それが軽く鼻に入った。心地よい。匂いを嗅ぐのはタダだ。

 

スーツが並んでいるところまで行った後で、「じゃあまずは首回りを計りますね」と言って、急に手を僕の後ろへ回してきた。とても急に。何か縄のようなもので。

普段、女の人に首の後ろまで手を回されることなどない。めったにない。

 

僕はここでは、なんとか心臓の音が届かないように、息が決して当たらないように十分に気をつけた。なんとか計りを終えて、店員が僕に合わせたスーツを持ってきてくれた。

 

僕は名前を見た。なぜ名前を見てしまうのだろう。僕がそうしているのは全員ではない。名前を見てしまう店員と名前なんか気にかけない店員がいる。僕は今もあの店員の名前を覚えている。確かに。

 

 

次は試着室へ。

「それでは、ごゆっくり試着なさってください」

 

僕は自分の顔を鏡で見た。普段と特に変わりはなかった。いや、少し額に汗がにじんでいる。ゆっくりと深呼吸を二度おこなった。 

 

僕はスーツを何着か試着した。

その間、何度か声をかけられた。「どうですか?」

 

僕は「あ、いいです」とだけ答えてカーテンを開ける。

 

「どうですか?」とはなんだ?

 

最近どうですか?ぐらい答えにくい質問はない。

どう?とはなんだ?

しかも、あ、いいです。とはなんだよ自分。

 

試着も終わり、これというものに決めた。

会計を済まして店員に軽く礼をして店を出た。

 

はるやまでスーツを買った。特になんでもないことだ。

店員と客の関係。僕にとってはたった一人の店員。しかし、あの店員にとっては複数の客のうちの一人でしかないはずだ。

特別な客ではない。特別な店員があるだけだ。

 

僕は大勢のうちの一人にすぎない。一人の客にすぎない。

 

僕はこれからもはるやまに行くと思う。

美味しいからとか、オシャレだとか、また行きたいと思う要素は人の中でいくらでもある。その中に僕は人の良さが入っている。

人で選ぶ店がいくつかある。

 

 

美女に会った。美女と話をした。それだけで1日、いや、一週間は機嫌よく生きることができる。

家から外に抜け出して、いつもと違う場所へ。そこには様々な出会い、思いもよらない出会いがある。

 

美しいものに出会うと、自分の機嫌が良くなる。