世界はこんなに素晴らしい

大学生。毎日更新。

2018年を「いいじゃないか」で生き抜く

2017年が終わり、2018年になった。

平成29年が終わり、平成30年になった。

 

何かが大きく変わったわけではない。

特に年をまたいだことで、変わったことなどない。

 

僕の中では自分は自分であるし、記号的なところで、数字が一つ増えた。

そのことは僕自身にはあまり影響を及ぼさないと思う。

 

いや、そんなこともないか。

どうなのだろう。年を一つ重ねることは、やっぱり少し特別なことなのだろうか。

気持ち的なところでは、少し引き締まる感じがしているのも事実だ。

 

 

今年僕は、大学4年生となる。大学生活も残り1年と少しだ。

今年は僕の中で少し大きなことが起きそうな予感がしている。

 

というか、起きなきゃいけない年だ。

 

今まで積み重ねてきた何か、生きてきた20年間、大学生活の3年間でやってきたことが何かに変わってくれなきゃいけない年だ。自分で変えていかなきゃならない年だ。

 

分岐点のような年であるともいえよう。

大学卒業が近づく。就職。

なんか今年の一年は、自分の中で一番キーとなる重要な年なんじゃないかと思っている。自分が変わっていく、自分のこの先を決める一年になる。

 

大学生活の中では、一番動きのある年になるんじゃないかと思う。

3年間なんとなくで、流されるままに生きてきた僕が、自分のために戦わなきゃいけない年だと思っている。

 

僕のこれからの未来を左右していく一年になることは間違いない。

 

2018年から放送し始めた、ソフトバンクのcmで、こんなことを言っている。

 

常識はずれで、いいじゃないですか

チャレンジしたって、いいじゃないですか

自分は自分で、いいじゃないですか

もっと平和で、いいじゃないですか

いぬどしだから、いいじゃないですか

 


ソフトバンク CM「ワ・ワ・ワンド -戌年だから、いいじゃないですか。-」篇(60秒)

 

できなかったことに挑戦する年でいいじゃないですか

 

 


ソフトバンク CM「父、ニャーとなく」篇(30秒)

 

 

僕はソフトバンクユーザーではないが、このソフトバンクのcmはニャーとなく、いや何となく好きだ。

 

 

「いいじゃないですか」

 

 

この言葉に、僕は否定的な感じを持っていたのだが、そういうわけでもなさそうだ。

 

妥協としての「いいじゃないですか」ではなく、強気に「いいじゃないですか」

 

断ったり、自分の思いを伝えたり、

「いいじゃないですか」と強気に言える年にしていきたい。

 

 

僕はもっと積極的になってもいいじゃないですか。

今年こそはストイックに生きてみてもいいじゃないですか。

誰かのためばかりではなくて、自分のために生きてみてもいいじゃないですか。

 

 

そんなことを考えながら今日も明日も、この一年、一歩づつ生を積み重ねていくしかない。

 

 

今年は、「いいじゃないか」で生き抜いていこうか。